医院名:愛里歯科 
住所:〒340-0043 埼玉県草加市草加4-5-1 
電話番号:048-950-8787

入れ歯(義歯)

入れ歯

入れ歯が合っていないと、ズレなどで痛みが出る事もありますし、顎や胃にまで負担をかけ、さらに肩こりや頭痛といった体調不良の原因になることもあります。また、入れ歯に不安があると会話を楽しめなかったり食事も楽しめないなど生活の質を著しく低下させてしまいます。当院では、様々な入れ歯をご用意し、患者様それぞれにぴたりと合って違和感を感じる事のない入れ歯をお作り出来るよう努めています。現在の入れ歯についてご不満がある方や、初めて入れ歯を作る方でご不安があるという方はぜひお気軽にご相談下さい。

保険の入れ歯

保険の入れ歯歯が抜けてしまい、ブリッジによる治療が出来ないケースでは部分入れ歯で治療を行います。保険適用での治療ではクラスプという金属製のバネを両隣の歯にかけて固定する入れ歯になります。保険適用外の部分入れ歯にはクラスプがないものや、歯にかかる負担が少ないもの、噛み心地に配慮されたものもあります。歯がまったく残っていない場合には総入れ歯での治療になります。保険適用の総入れ歯素材はプラスチックしかないので、分厚く口内で異物感を感じやすく、安定しにくいこともあり痛みを引き起こしやすい傾向がありますが、値段としては比較的安価に治療可能というメリットもあります。保険適用外の総入れ歯は様々な素材があり、違和感を感じにくく、噛み心地や見た目、安定感などより高いレベルで回復する事が出来ます。

自費の入れ歯

自費の入れ歯は保険の入れ歯と比較して何が違うのかというと大きく分類すれば「素材の違い」です。保険を適用した入れ歯の素材にはレジンといったプラスチックの素材しか使用することは出来ません。一方、自費での入れ歯治療ではセラミックや金属床を使用することが出来るため、より患者様お一人お一人の状態に合った入れ歯を製作することが可能です。

自費の入れ歯の種類

金属床(コバルト)

金属床(コバルト)金属床とは入れ歯の内側部分の床に当たる部分を金属でつくられた入れ歯の事です。保険の入れ歯ではこの部分がプラスチックでつくられており、割れないように強度を増すために厚みを出す必要がある反面、金属床の場合は割れる心配が無いため薄く作ることが出来るのです。また、金属は熱を伝えやすい性質なのでものを食べた際に熱さや冷たさを感じやすいのでおいしく食事を楽しむことが出来るメリットもあります。

金属床(チタン)

金属床(チタン)こちらも金属を使用した入れ歯ですがチタンを採用して製作されるため身体への影響が極めて低いとされています。合金化された金属の場合、まれに金属アレルギーを起こしてしまうケースがありますがチタン製の場合その可能性はかなり低くなる特徴があります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーノンクラスプデンチャーとは簡単にご説明すると「クラスプ」が無い入れ歯の事を指します。「クラスプ」とは部分入れ歯を装着する際に、固定するために他の歯に掛ける金属部分のことです。ノンクラスプデンチャーはクラスプが無いノンメタル構造となっているため、非常に審美性に優れています。金属を使用しないことで薄くて軽いので装着感も優れた入れ歯です。

入れ歯のメリット

入れ歯は、補綴治療の一つで、歯を失った時は入れ歯の他にもブリッジやインプラントといった治療方法があります。インプラントは外科手術を必要とする治療で、ブリッジは両隣の歯を大きく削る必要があるため、口腔内の状態によっては適用出来ない場合があります。しかし、入れ歯はどなたであっても受けて頂く事が出来るメリットの多い治療法です。

メリット1[身体への負担がない]

入れ歯治療は他の治療と比較すると外科手術をしたり、他の健康な歯を削ってしまうことが少ないため、患者様の負担が少ない治療と言えます。

メリット2[短期間で噛む機能が回復する]

入れ歯は1ヶ月程度で手に入れる事が出来ます。インプラントですと状態にもよりますが約3ヶ月~半年程度かかるためこのスピード感は魅力の一つです。

メリット3[ご自身でお手入れが出来る]

入れ歯はご自身で取り外し可能ですので、自宅でお手入れする事で毎日衛生的に使用可能です。当院では、新たに入れ歯を作る場合だけでなく、今お使いの入れ歯なんらかのご不満をお持ちの方に対しての調整や修理なども承っておりますので、他院で作った入れ歯であっても、痛みがあったり外れやすい、よく噛めないなどお困りの際はお気軽にご相談下さい。

048-950-8787 24時間WEB予約
一番上に戻る

提携医療機関