医院名:愛里歯科 
住所:〒340-0043 埼玉県草加市草加4-5-1 
電話番号:048-950-8787

詰め物・被せ物の治療

補綴治療とは

補綴治療とは補綴(ほてつ)治療とは歯を失ってしまったり折れて欠損してしまった場合に、代わりの人工歯を作製して入れることを指します。補綴治療は一般的な治療と思われがちですがかなり繊細で精密な治療が求められます。例えば、ほんの少し詰め物にズレが出てしまうだけで噛み合わせの違和感に繋がりますし、それが原因で身体に不調が現れることもあります。当院の院長は数多くの臨床経験を積んでおりますのでどうぞご安心してご来院下さい。

補綴治療の種類について

補綴治療は主に『詰め物』や『被せ物』となります。

クラウン(歯冠)

歯の大部分を欠損してしまった場合にはクラウンを作製します。
補綴治療では患者様の歯の状況によって詰め物や被せ物を選択しますが、材料や治療法によっては保険が適応出来ず自費治療になるものもあります。それぞれにメリットとデメリットとがあり、金属やレジン(プラスチック)、セラミックなど異なる特徴を持った様々な種類があるのでご自身に合ったものを選びましょう。

コンポジットレジン(歯科用プラスチック)

メリット

コンポジットレジン

  • 色が自然歯に似ているため見た目がいい
  • 金属を使用しないので金属アレルギーの心配がなく金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色がない
  • 保険適応なので比較的安価な治療が可能
デメリット
  • 経年により変色してしまう可能性がある
  • 強度がないので奥歯など強い力のかかる部位には向かない
  • すり減りやすい
  • 表面に汚れが付着しやすい

硬質レジン前装冠

硬質レジン前装冠レジンというプラスチックの素材が金属のフレームの上に貼り付けられている被せ物です。

メリット
  • 色が自然歯に似ているため見た目がいい
  • 中身が金属で強度があり、ほとんどの場所に使用可能
  • 保険適応なので比較的安価な治療が可能
デメリット
  • 経年により変色してしまう可能性がある
  • 裏側からは金属が見えている
  • 経年により金属が錆びて溶け出し歯や歯茎を変色させてしまう場合がある、また金属アレルギーを引き起こしてしまう可能性も
  • 保険の適応範囲が前歯と犬歯のみと限定されており奥歯は適応外

金属冠(銀歯)

金属冠(銀歯)一般的に銀歯と呼ばれるもので、被せ物の全体が金属で出来ている。
保険内で、4番め以降の歯に被せ物治療を施す際は基本的にはこれを使用します。

メリット
  • 金属のため強度がある
  • 保険適応で比較的安価に治療可能
デメリット
  • 場所によっては目立ってしまう
  • 経年によって金属が溶け出し、歯や歯茎の変色を招く事がある
  • 金属アレルギーの原因となりやすい

ハイブリットレジン冠(CAD/CAM冠)

ハイブリットレジン冠これまで、小臼歯を白くする方法は自費治療か保険治療でのプラスチックの被せ物しかありませんでしたが、この度自費治療で用いていた歯科用のCAD/CAM装置で作られたCAD/CAM冠という白い歯が小臼歯限定ではありますが保険適用内で装着可能になりました。
もし気になっていた銀歯があれば、保険適用の最新治療で白い歯に変えてみませんか。
お悩みの方はまずは一度当院までお気軽にご相談下さい。

メリット
  • 見た目が綺麗
  • 金属不使用のため金属アレルギーの心配がない
  • 限定条件下で保険適用となるため比較的安価に治療可能
デメリット
  • 対応している歯科医院が少ないためどこでも治療を受けられるわけではない
  • セラミックと比べると割れやすい
  • 条件に沿わない場合は適応出来ない

保険外(自費)

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミックジルコニア(人工ダイヤモンド)のフレームの上にセラミックを焼き付けたもので、強度も強く審美的にも優れた素材です。金属を使用しないため金属アレルギーの方でも安心です。

メリット
  • 金属不使用のため金属アレルギーの心配がない
  • 高い透明度で天然歯のような美しさ
  • 強度があり、割れにくい
  • 着色による変色が起こりにくい
デメリット
  • 二重構造のため削る量が少し多くなる
  • 非常に強い力が加わると割れてしまう事がある

オールセラミックe-max

オールセラミックe-maxe-maxとはニケイ酸リチウムガラスセラミックを主成分としたセラミックで出来た素材です。高い透明度で、自然歯に近い綺麗な見た目で、金属不使用のため金属アレルギーの方も心配いりません。

メリット
  • 高い審美性で、変色の心配もほとんどない
  • 汚れが付着しにくい
  • 金属アレルギーの心配がなく、歯や歯茎の変色などもない
デメリット
  • 強い力が加わると割れてしまう事がある
  • 歯を削る量が比較的多くなる

メタルボンド

メタルボンド金属でできたフレームの上にセラミックを焼きつけた被せ物です。

メリット
  • 天然歯に似た色味で見た目が良い
  • 中身が金属なので強度がありどの部位にでも使用可能
デメリット
  • 中身の金属の種類によっては、金属の溶け出しにより歯や歯茎の変色を招きやすく金属アレルギーを引き起こしてしまう事もある
  • オールセラミッククラウンに比べると透明度は下がります
  • 裏側からは金属が見えてしまう
  • 将来的に歯茎が下がり、歯と歯茎の境目が黒ずんで見えてくる事があります

オールジルコニア

オールジルコニアジルコニア(人工ダイヤモンド)のフレームの上にセラミックを焼きつけたものです。
高い耐久性があり、金属不使用のため金属アレルギーの心配もありません。

メリット
  • 綺麗な白色で変色もほとんどしない
  • 強度があり、奥歯など噛み合わせの強い部位にも使用可能
  • 金属不使用でアレルギーの心配がなく、金属溶け出しによる歯、歯茎の変色もない
デメリット
  • 美しい白色ではあるが透明感にかける点

ゴールドクラウン(金の被せ物)

ゴールドクラウン(金の被せ物)金合金の貴金属を使用した被せ物のことをいいます。
素材が柔らかいため噛み合う歯を痛めないという特徴があります。

メリット
  • 適合が良く二次的な虫歯にかかりにくい
  • 金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色や金属アレルギーなどが起こりにくい
  • 歯周組織との適合性が高いので長持ちしやすい
  • 耐久性に優れ、接合面が虫歯になりにくい
デメリット
  • 金で出来ているため、笑った際など部位によっては目立ってしまう場合がある

インレー(詰め物)

インレーは虫歯などで一部削った部分を補うために詰め物を入れる治療法です。
インレーにも保険適用と適用外の素材があります。
一般的には銀歯の詰め物が多いですが、健康面や見た目などを考慮しセラミックで出来た白い歯に変える患者様も多くいらっしゃいます。

銀色の金属素材

銀色の金属素材主に奥歯への詰め物として使用されるインレーです。
素材としては金銀パラジウム合金という種類の金属が使用されます。

メリット
  • 強度が強く、強い力が加わりやすい箇所でも問題なく使用可能
  • 保険適用の場合は比較的安価に治療可能
デメリット
  • 場所によっては目立ってしまう
  • 経年により金属が溶け歯茎を変色させてしまう原因になることがある
  • 金属アレルギーを引き起こしてしまうことがある

e-maxインレー

e-maxはセラミック素材のインレー。
自然で美しい仕上がりになるとともに、高い耐久性があります。

メリット
  • 自然歯に近い透明感
  • 変色がほとんどない
  • 金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色や金属アレルギーなどが起こりにくい
デメリット
  • 強い衝撃によって割れてしまうことがある

ハイブリッドインレー

ハイブリッドレジンというセラミックとプラスチックの中間素材で作られたインレー

メリット
  • 自然歯に近い色と硬さ
  • 金属アレルギーの心配がない
  • オールセラミックよりも安価に治療可能
デメリット
  • 経年によって多少の変色がある
  • 適度にすり減る(歯を守るという点ではメリットでもある)

ゴールドインレー

金合金や白金加金等の貴金属で出来た詰め物です。
錆びる事も少なく長時間装着可能。

メリット
  • 強度が強く奥歯など強力な力が加わる箇所でも使用可能
  • 適合が良く二次的な虫歯になりにくい
  • 金属が溶け出すことによる歯や歯茎の変色が起こりにくく金属アレルギーになる可能性も低い
デメリット
  • 金で出来ているため部位によっては目立つ場合がある
  • 保険適応外なので費用が高額になりやすい

歯の土台(コア)

メタルコア

欠損が大きい歯の治療を保険適応内で行う場合は多くの場合メタルコアが使われます。
保険適応内のメタルコアには銀合金を使用します。

メリット
  • 様々な症例で使用可能
  • 数多くの症例実績がある
  • 保険適用で比較的安価に治療可能
デメリット
  • 硬すぎるため金属のくさび効果で歯が割れてしまうことがある
  • 太く長いコアを入れた場合再治療が困難になることも
  • オールセラミックジャケット冠をかぶせる場合中の金属が透けてしまう事がある
  • 歯茎から金属が透ける場合がある
  • 金属アレルギーを引き起こすことがある

レジンコア(プラスチック)

レジンと呼ばれるプラスチックで作られたコアです。
見た目が白く上にかぶせるクラウンがセラミックなどの白い素材を被せ物にする場合さらに見た目が良くなるというメリットがあり、前歯など噛み合わせの力があまり強くかからない場合はに多く使用されます。メタルコアなどと比べると強度はそれなりなので、奥歯など強い力がかかる箇所には向きません。

メリット
  • 柔らかくしなるので、歯が割れるといった可能性は低くなります
  • 金属を使用しないので金属の溶け出しで変色する事が少ない
  • 自然歯と似た色で、オールセラミックの被せ物を被せた場合に中が仮に透けてしまっても目立つことがない
  • 保険適応の範囲であれば安価に治療可能
デメリット
  • 歯や口内の状態によっては向かない場合がある
  • 強度や、接着に弱い面があり使用出来る症例は少ない

ファイバーコア

ファイバーコアはファイバー樹脂で作られた土台の事をいいます。

メリット
  • 弾力性があるので、歯が割れてしまう心配が少ない
  • 白いので目立つ事がない
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 歯や口内の状態によっては使用出来ない場合がある
048-950-8787 24時間WEB予約
一番上に戻る

提携医療機関