医院名:愛里歯科 
住所:〒340-0043 埼玉県草加市草加4-5-1 
電話番号:048-950-8787

歯周病治療

歯周病について

歯周病について歯周病は歯を失ってしまう原因第一位です。(厚生労働省調べ)
歯周病は、歯を失う原因として虫歯以上と言われており、糖尿病などの全身疾患への関わりも明らかになってきています。歯周病にかからないための予防と、かかってしまった場合には早期に治療する事が大切です。

歯周病とは

歯周病は日本人が歯を失ってしまう原因として、虫歯を抑え第一位となっている生活習慣病です。30代で70%、40代で80%の人がかかり、出血や痛み、口臭や歯がぐらつくといった症状が現れます。歯周病の原因となるのは歯についた歯垢の中に含まれている細菌です。歯と歯茎の間のケアが不十分だと、溜まった歯垢に含まれる細菌によって歯茎に炎症を引き起こされます。歯周病が怖いところは、症状の初期には痛みもなく自覚症状がないため、自分が歯周病にかかっているという事に気づけないという事です。気づかないまま歯周病が進行してしまうと、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の隙間が次第に大きくなっていきます。歯周ポケットから歯を支えている歯を溶かし次第に歯が揺動するようになってきます。さらに症状が進むと骨がどんどんと溶け、歯を支える事が出来ず、最終的には抜歯が必要になってしまいます。

歯茎から出血がある、または口臭を指摘された場合

お近くの歯科医院にすぐにご相談下さい。

歯周病は早期に治療する事はもちろんのこと、治療後の適切なメンテナンスも大切です。
症状が治まってからも、以降の再発予防のため通いやすい歯科医院で定期的にメンテンナンスを受ける事をおすすめしております。

当院では、快適にメンテナンスを受けて頂けるよう院内の環境づくりに注力しております。
歯周病が進行してしまっている場合でも、歯科口腔外科医が在籍しておりますので外科治療にも問題なく対応可能です。

歯周病は事前に予防する事がなによりも大切です。
今は出血や痛みといった自覚症状がなくとも、お気軽にご相談下さい。

歯周病による全身へのリスク

歯周病の全身疾患への関わり

歯周病はお口の中だけの病気ではありません。
歯周病菌は歯茎の出血箇所から、血管を通して全身に行き渡り、結果として様々な全身疾患へ影響を及ぼす事が試適されています。

心筋梗塞・脳梗塞

歯周病菌の影響によって動脈硬化が進み血管の内側にプラークが溜まり、それが剥がれ落ちるとそれが血栓となって心筋梗塞や脳梗塞の原因になってしまうことがあります。

糖尿病

歯周病がインスリンの活性に干渉し、血糖値のコントロールが充分でなくなるので糖尿病の原因の一つともされています。歯周病治療により糖尿病の症状が改善される場合がある事も分かっています。

早産・低体重出産

歯周病によって口腔内から炎症性物質が放出されると、胎盤が歯周病原細菌に感染することが早産や低体重出産に影響するとされています。妊娠中は妊娠性歯肉炎にかかりやすくなるとされておりますので、いつも以上に注意する必要があります。

誤嚥性肺炎

嚥下機能が低下してしまっている患者様がなりやすく、食べ物や唾液が誤って肺気道に入ってしまう事で唾液に含まれる細菌によって引き起こされます。

当院の歯周病の検査

歯周病の検査と治療

歯周ポケット検査

歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間の溝の深さが4mm以上になっているかどうかという点を歯周病の一つの目安としています。歯周ポケットの深さを測定するプローブという専用の器具で歯周病の有無や進行度合いを確認します。

歯の揺れ具合の検査

歯周病が進行すると顎の骨が溶け次第に歯が揺れ動いてしまうようになります。
歯周病の疑いがある歯をピンセットでつまみ、その動揺度を調べる事によって歯周病の進行度合いを判断します。

レントゲン検査

歯周病が進行した状態では、顎の骨が溶けているため、骨の様子を調べる事で歯周病の進行度合いがわかります。レントゲン撮影で顎の骨を見る事で進行度合いを確認出来ます。

歯周病の治療

PMTC

歯周病の治療歯科医院にて行う専門的な歯磨きのことで、「プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング」の略称です。専用ブラシや超音波の器具を使用することによりご自宅での歯磨きだけでは取り除けない歯垢や歯石を除去することが可能です。

SRP

「スケーリング・ルート・プレーニング」の略称で、歯の表面の歯垢や歯石除去だけでなく、歯周ポケットの中、歯の根の表面についた歯石まで除去する事が出来ます。

フラップ手術

専用器具を使っても除去しきれない歯石、感染した組織を取り除くために行う歯茎を切開する手術です。

歯周組織再生療法

歯周病が進行により溶けてしまった顎の骨などの歯周組織を再生させる治療法です。
歯周組織を再生させることで抜歯せずに済んだり、骨が作られる事で治療の選択肢が広がります。

歯周病の予防と治療後のケア

歯周病の治療について

歯周病の治療にはまずなによりも予防が大切になります。
ご自宅での歯磨きなどのセルフケアはもちろん、歯科医院でのプロによるケアをきちんと行う事によて歯周病の発症を予防することが出来ます。クリーニング不足で歯垢が固まり歯石になってしまうと、セルフケアだけで除去しきることが出来なくなってしまいます。歯科医院できちんと歯石を取り除けばほとんどの場合炎症は消え健康な状態に戻りますが、症状が進行してしまうと歯茎を切開したり、外科処置が必要になってしまう場合もあります。

048-950-8787 24時間WEB予約
一番上に戻る

提携医療機関